2022春ブルカ通信の「県民度チェック」イントネーション編 意味と補足

標準語イントネーションと方言の意味

【イントネーション】

半袖・・・標準語の強調は「ん」
ピアノ・・・・・・・・・「ア」
掃除・・・・・・・・・・「う」
包丁・・・・・・・・・・「う」
にしざわさん・・・・・・ほぼ全部同じ強さ「ざ」
よしざわさん・・・・・・ほぼ全部同じ強さ「ざ」

【信州弁】→【標準語】

・財布から小銭が『落った』よ→『落ちた』よ
・そんな所に『うつからないで』→『寄りかからないで』
・家の『ぐるわ』→『まわり』『周囲』
・『気なし』にぶつけちゃったのよ→『不注意』に
・『ときに』そこに置いておいて→ 『とりあえず』
・お米は少し『ほとばして』おかなきゃ→『浸して』おかなきゃ
・おふとん『ひいて』あげるから →『しいて』あげるから
・このりんご『ぼけてる』ね→『鮮度が落ちてスカスカしてる』ね
・玄関の鍵『かって』ってね/鍵を『かう』→『かける』
・今日のご飯は『こわい』ね→『かたい』ね
・地震で屋根が『かしがっちゃった』→『かたむいちゃった』
・ちゃんと蓋『きせて』おかないと →蓋『閉めて』おかないと

私達が日常に使っている言葉も実は信州弁でした。

→トップページにもどる

このぺーじのトップへ